フランチャイズで始める新規事業!

フランチャイズで事業モデルが用意されている

新規事業を始めるにあたり、フランチャイズに加盟する方法が人気です。脱サラが簡単に行える上に、経営ノウハウを持っていなくても指示通りに業務に取り組むことで利益が出せるからです。これは加盟店を増やして販路を拡大させたいフランチャイズ本部の利益と、事業を始めたい人の利益がうまく噛み合うことで成り立つシステムと言えます。すでに多くの加盟店を持つことでビジネスプランが確立されていることと、細かなマニュアルが用意されることで少ないリスクで開業できるというわけです。提供する商品やサービスも用意されていますし、在庫管理から入荷ルートもすでに確立されているので販売機会を失うリスクも回避できます。ただし自由度があまりない点は注意が必要です。

あらゆる作業はマニュアル化されている

フランチャイズはブランディングに力を入れているので、どの店舗も同じ品質のサービスや商品を提供することを求めています。そのために細かくマニュアル化され、その通りに実行することを求められます。開業時の店舗作りも、すでにイメージは固まっているので自分の意見をはさむことはできないケースが多いものです。その代わりにテナント探しや内装工事の手配、集客に至るまで準備された通りに行えば良い手軽さはあります。またあらゆる加盟店から集まる課題や問題点を解決することで、起こり得る問題にも前もって対処することでリスク回避も行えます。自由度は低い代わりに安定した収益が期待できる経営が行えることがフランチャイズの人気の理由と言えます。